#最終的には痩せたい

小太りなアラサーOLが、セイカツとカラダを変える過程

無性にペットが欲しくてたまらないので、毎月1,000円見知らぬ犬に課金することにした。

 

公園でのんびりくつろぐ地域猫や、飼い主に連れられて嬉しそうに歩くワンちゃんを見るたびに、動物と一緒に暮らしたい欲が高まる私ですこんにちは。

 

最近はあまりの犬・猫欲しさに、里親募集サイトを徘徊する日々が続いております。

しかし、ペット不可の賃貸住宅に住んでいる時点で、無理ゲーなんですよね…。

 

でも、この衝動抑えられない!!!!

 

そこで今回は、少しでも愛犬・猫と過ごす疑似体験を味わうべく、動物愛護団体『NPO法人動物たちを守る会ケルビム』さんの「足長おじさん里親会員」システムを利用して、

 

見知らぬ犬に課金することにしました。

 

 

   

 

ケルビムの足長おじさん里親会員って?

 ケルビムの足長おじさん里親会員とは

ケルビムで保護している動物たちのためにお振込みいただいた養育費で、その方に代わってケルビムスタッフたちが動物たちのお世話をし、皆様と一緒に動物たちの一生を見守ってゆくという里親会員システムです。

引用:足長おじさん|NPO法人 動物たちを守る会ケルビム

 

ただ養育費を振り込むだけではなく、里親募集ページに掲載されている犬・猫の中から応援したい子を選択できます。

 

私のお金がこの子の役にたっているんだ!と、ペットとの疑似生活をよりリアルに味わえる味わえる画期的なシステムです。

 

支援額は、1口1,000円/月から指定できます。

課金したい推しを探せ!足長おじさん会員登録の方法

支援を募集している犬・猫の画像は、沖縄 動物愛護団体|NPO法人 動物たちを守る会ケルビムさんの里親募集ページに掲載されています。

 

f:id:oki-gura:20180902150555j:image

 

課金できるワンちゃん・猫ちゃんには、『足長おじさん募集』の文字が表示されています。

 

f:id:oki-gura:20180902133647j:image

 

猫はもちろん大好きなのですが、今回は『犬』欲が強いので、右にある検索タブでワンちゃんに切り替え。

 

f:id:oki-gura:20180902133720j:image

 

選んだのは、こちらのヨンくんです。

 

f:id:oki-gura:20180902133706j:image

里親さんが決定次第、画像を削除いたします。

 

実家にいる2匹の愛犬にそっくりだったので、運命を感じてしまいました。

 

ちなみに、その2匹はこちら。

f:id:oki-gura:20180902133714j:image

彼女らにはすでに、十分な課金者がいるので、気兼ねなくヨンくんに課金します。

 

申込みは、選択したワンちゃんの詳細ページ下にある『足長おじさん|募集中』リンクから。

 

f:id:oki-gura:20180902133632j:image

 

申し込みフォームで、足長おじさんにチェック。

毎月の口数を指定し『次へ』をタップします。

 

f:id:oki-gura:20180902133722j:image

 

f:id:oki-gura:20180902133709j:image

 

あとは、連絡方法や口座振替手続き方法、個人情報を入力し、確認⇒申し込みボタンを押せば完了です。

  

f:id:oki-gura:20180902133650j:image

 

f:id:oki-gura:20180902133652j:image

 

ちなみに、支援したワンちゃん・猫ちゃんの最新画像は、季節ごとに送られる「季節 足長おじさんThank youメール」で見ることができるそうです。

 

課金できる上、成長もしっかり把握できるなんて、まさにペットを渇望する人へのサービスとしてうってつけ\(^o^)/

 

寄付金も集まるし、私も楽しめるしで、これぞまさしくwin-winな関係では?と思います。

 

ちょっと面倒だなと思ったのは、支援方法が『口座振替』しか無いこと。

手続きには約2ヶ月を要するそうですが、初回は申込時から換算した金額が引き落とされるそうなので、注意が必要です。

 

課金した推しに会える!?ケルビム|アニマルガーデンとは!

支援した推し犬(猫)が飼育されている施設によっては、実際に会う事もできるようです。

 

今回支援したヨンくんが飼育されているのは、うるま市にある『アニマルガーデン』。

 

 

f:id:oki-gura:20180902223230j:image

 

保護犬・猫、約200頭を飼育している保護施設で、なんと一般に無料公開されているみたい

 

ボランティアに事前に申し込んでおけば、推し犬のお世話をさせてもらうこともできる…かも? 

これは、行くしか無い!

 

というわけで、近いうちにドックフードを抱えて会いに行ってみようと思います。

 

ケルビムさんでは他にも、保護猫を集めたカフェ『 猫の城Nyangusk』や、『子猫の部屋』などの保護施設を運営しています。 

 

まとめ

ケルビムさんでは、犬一頭につき毎月15,000円、猫一匹につき毎月12,500円の飼育費がかかっているそうです。

 

今回課金した金額は月1,000円とかなり少ないですが、今後の私の生活に合わせてちょっとずつ上げて行けたらと思います。

 

ちなみに、課金した推し犬の里親が決定した場合は、ケルビムさん側から連絡が入るそうです。その際に他の子に続けて課金するか、退会するかを選択できるのだとか。 

 

『毎月はちょっと難しいけど、今月は自由に使えるお金に余裕があるな 』って人は、ケルビムさんが公開するAmazonほしいものリストから課金するのもおすすめです。

 

無性にペットが欲しくてたまらないけど、賃貸や経済的な面でどうしても飼育できないという人は、リアルな推し犬・猫に課金できる『足長おじさん里親会員』に、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

  

おわり

 

【NPO法人|動物たちを守る会ケルビム】さんの公式サイトははこちら

cherubims.or.jp

 

その他、県内で活動する動物保護団体一覧 

ワンズパートナーの会

アニマルハートリンクプロジェクト 2020

特定非営利活動法人 どうぶつたちの病院 沖縄

 

おすすめ記事

nowloading....