#最終的には痩せたい

ぽっちゃり女子の生活改善・雑記ブログ

副業収入(ブログやアフィリエイト)がある状態で失業保険はもらえるか?【 #手取り14万 のOLだった私が実際にもらった失業保険の金額】

副業収入がある状態で、失業保険は受給できる?

答えはYESです。

副業が週20時間以内であれば、”内職”として認められ、失業保険を受給しながら生活することができます。

ただ、この手続が結構面倒くさい…。

というわけで、この記事では、当ブログでお小遣いを稼ぎながら、失業保険も受給している私の実際の体験談をまとめてみます。

途中、失業中であることを認定してもらうための『失業認定申告書』の書き方や、ブログ収入の申告方法、申告後に支給された失業保険の金額なども詳しく記載しているので、どなたかの参考になれば幸いです。

※ 副業収入の申告方法、減額調整方法などは、お住いの地域の担当者によって微妙に違うようです。正しい情報は、お住いの地域のハローワークにてご確認くださいね。

副業収入があっても失業保険はもらえるか?|受給資格の話

まずはじめに、失業保険を受給するために必要な資格をまるっとおさらいしてみます。

受給資格は下記の通りです。

✔ 失業していること

✔ すぐに働ける状態にあること

✔ 直近の離職から1年以内であること

✔ 退職日より前の2年間に12ヶ月以上、被保険者期間があること

このうち、副業ワーカーが特に注視したいのが、

☑ すぐに働ける状態にあること

☑ 失業していること

の2つ。

『すぐに働ける状態にあること』というのは、すぐに就職活動を行える状態ということです。

家事や家業に専念するために退職した場合、自営業を開始または準備に専念する場合、次の就職が決まっている場合などは原則として失業保険を受給できません。

そして、次の『失業していること』というのは、アルバイトやパート、ブログ運営などの副業で週20時間以上働いていないことを指します

つまり、ブログやアフィリエイトサイト運営などの作業時間が、週20時間以内であれば、多少の収入を得ていても、失業保険が受給できる状態ということにあります。(※ もちろん、就職活動を行う意思があることが大前提です。

ちなみに、「失業している状態」「すぐに働ける状態」というのは、これからブログやアフィリエイトでフリーランスとして働こうと考えているけれど、まだ迷っている状態で、優良企業様があれば、一応そこで働くことも検討したいという人も含まれます。

現在の私の状況がまさしくソレです。

ブログで月2〜5万円の収益を得ていますが、独り立ちするには厳しい。

良さそうなところでアルバイトとして雇ってもらいながら活動できたらなということも視野に入れて動いています。

適正年収3.5倍!?年収200万の地方OLが、うわさの【ミイダス】適正年収診断を受けてみた結果! - #最終的には痩せたい

実際にもらった金額は?|手取り14万(月給17万)ブログ収入が月2〜5万円ある私の場合

ここからは、OL時代には月給17万円、現在はブログで月2〜5万円の収入を得ている私が、私が実際に受給している失業保険の金額をまとめていきます。

失業保険の受給期間は、勤続年数が10年未満の場合基本的に90日です。

退職理由が会社都合の場合は、失業保険の手続き(受給資格決定年月日)後の約1ヶ月あと。一方、退職理由が自己都合の場合は、約3ヶ月の給付制限期間が設けられ、この間は失業保険の受給ができません。

私の場合、勤続年数が約2年なので、給付日数は90日。

退職理由が会社都合になる『契約満了』であったため、失業保険の手続きをして約1ヶ月後から保険の支給を受ける事ができました。

ちなみに、私の失業保険受給スケジュールはこんな感じ。

引用:雇用保険の失業等給付受給資格者のしおり

90日間のうち、失業保険が実際に銀行口座に振り込まれるのは、全4回ある失業認定日から約1週間後です。

この間にアルバイトや副業等で収入を得た場合は、認定日に報告する必要があります。

働いた日数、得た金額によっては、得られる失業保険の金額が減額調整されることもあります。

失業保険の詳しい内容はコチラの記事をご覧ください⇒実際にはいくらもらえる?月給17万の契約社員だったアラサーOLが、失業保険を受け取るまでの流れをまとめてみました。 - #最終的には痩せたい

最初の認定日(第1回の認定日)

最初に失業保険が振り込まれるのは、失業保険の手続きをした日(受給資格決定日)から約1ヶ月後の初回認定日なります。

認定日には、毎回配布される『失業認定申告書』という用紙の提出が必要です。

申告書には、受給期間中の就職活動実績とともに、副業(又は単発アルバイト)を行った日にちと、得た収入を記入します。

例えば私の場合、受給資格決定日の7月17日〜8月14日の間に、ブログを更新したのは、7/22,7/31,8/4,8/6,8/11の5日間。

その間に得たブログの収益は、7月22日にグーグル・アドセンスから¥29,556ー、7月30日にAmazonアソシエイトから¥9,163ーの合計¥38,719ーでした。

それを申告書に記入するとこんな感じ。

f:id:oki-gura:20191022122146j:plain
副業を行った日(ブログを書いた日)は、その作業時間が1日4時間未満の場合は、カレンダーの日にちに【☓】を、4時間以上の場合は【◯】と記入

副業の実働時間や、それで得た収入によって、支給される失業保険の金額が減額調整されたりします。

私自身、どれくらい減額されるのか内心ビクビクしていました。

しかし、今回記入した収入が実はすべて6月以前(失業保険給付期間外)に発生したものであることを説明すると、「失業保険給付期間外に発生した収益は、調整の対象にはなりません。」とのこと。

というわけで、初回認定日は7月25日〜8月13日までの21日分(¥4,166-✕21日)、満額で【¥87,406-】もらうことができました。

(¥4,166✕21日を自分で計算すると¥8,7486-になったんだけど、残りの¥80-は一体どこに言ったのかしら?)

第2回の認定日

続いて、第2回目の認定日です。

期間は、前回の認定日である8/14から第2回目の認定日である9/10までの28日間。

前回と同様、この期間中に行ったブログ執筆時間と、得た収入を失業認定申告書にそれぞれ記入していきます。

今回のブログ更新日は、8/15,8/17,8/21,8/27,8/31,9/1,9/8の7日間。

ブログ収入は、8月15日にアフィリエイトサイトから¥7,073-、22日にグーグル・アドセンスから¥24,202-でした。

f:id:oki-gura:20191022105708j:plain

それぞれの日にちと収入額を記入した申告書がこんな感じです。

ただし、初回認定日で言われたように、7月17日(失業保険の手続きをした日)以前に発生した収益は、失業保険の減額対象外です。

15日に振り込まれたアフィリエイト収入は、6月分だったので余裕の対象外。

問題は、8月22日に振り込まれたグーグルアドセンスです。

ブログを運営している方ならご存知、グーグルアドセンスは、ブログに貼られている広告を読者がクリックすることによって収益が発生するというもので、当ブログでは毎日¥100-〜¥1,000-の広告収入が発生しています。

今回振り込まれたのはその7月分(7/1〜31分)。失業保険の手続きをする前の7/1〜7/16分と、手続き後の7/17〜7/31分がまとめて振り込まれているわけです。

これで、支給される失業保険が減額でもされたら何だか損した気分になるじゃん!!!

というわけで、無い知恵を振り絞った私、この度、7月に発生した見積もり収益額の日別グラフをプリントアウトし、1日ずつその日に発生した金額を記入。

f:id:oki-gura:20191022175642j:plain
※これはサンプルです。本来の見積もり収益額の数字とは異なります。

そして、7月17日〜31日までの金額の合計を、7月22日¥24,202-(内17日以降分、¥12,039-)という風に、カッコ書きで付け足しました。

申告書を受け取った職員さんは、一瞬困惑したような表情を見せましたが、上記の旨を説明するとすんなり了承。

無事に受理されました。

されど、¥12,039-です。

貰える金額が少し減るかな?と思っていたのですが、支給された金額は、28日分の満額【¥116,648-】

(¥4,144-✕28日=¥116,648、これは計算合ってました◎)

減額調整されなかった理由としては、どなたかのサイトで、『1日の収入が2,000円を超えなければ減額されない』という文章を見たこと。

実際に、雇用保険受給者資格証の裏面に、¥12,039- ÷ 15日(収益が発生した日数=7/17〜31)=¥802- との記載があったことと関係していると思います。

それにしても失業保険の認定はほぼ流れ作業で、個別質問の時間がほとんど用意されてないので毎回疑問だけが残る。

ちなみに副収入がある状態で退職したら、失業後の雇用保険はいくら貰えるか。計算シミュレーターを作ってみた。 - いつもマイナーチェンジ!の記事では、減額される条件式として

減額される金額 = [副収入の一日当たりの金額] ー [基本手当日額の半額]

引用:副収入がある状態で退職したら、失業後の雇用保険はいくら貰えるか。計算シミュレーターを作ってみた。 - いつもマイナーチェンジ!

と記入されていました。

ただし、人によって【基本手当当日額の半額】が、4割や6割になることもあるようです。

第3回目の認定日

続いて、第3回目の認定日です。

期間は、前回の認定日である9/11から第3回目の認定日前日である10/9までの28日間

前回と同様、この期間中に行ったブログ執筆時間と、得た収入を失業認定申告書にそれぞれ記入していきます。

今回のブログ更新日は、9/30,10/2,10/7の3日間。

ブログ収入は、9月15日にアフィリエイトサイトから¥40,250、24日にグーグル・アドセンスから¥20,768-でした。

f:id:oki-gura:20191022105748j:plain

申告書はこんな感じです。

今回、アドセンスはまるっと失業保険受給期間中の8月に発生した分なのでそのまま申告します。

問題は、15日に振り込まれたアフィリエイト収入です。

アフィリエイトとは、ブログに掲載した広告から商品を購入したりすると発生する収益です。

読者が商品を購入⇒収益が発生⇒企業が確認⇒収益確定(キャンセルになることもある。)⇒翌々月に振込と、収益が発生してから実際に銀行に振り込まれるまで、結構時間がかかります。

しかも企業によって収益確定のタイミングが違うんです。

例えば、

商品A:5月発生⇒7月確定⇒9月振込

商品B:7月発生⇒7月確定⇒9月振込

と、同じ9月に振り込まれる収益でも、それぞれ商品を購入されたタイミングが違う場合があります。

実際に表で見るとこんな感じです。

できるだけ損をしたくない私は、ここでもしたたかに、7月17日(失業保険申込日)以前に発生した収益額と、7月17日以降に発生した収益額を計算し、15日に振り込まれた¥40,250の隣に(内7月分:¥6,000)と記入しました。

第2回である前回も、実際に振り込まれた金額の隣に、カッコ書きで7/17〜7/31の収益額を記入したので、今回もコレで問題は無いだろうと。

しかし、実際に提出してみると、待てども待てども名前が呼ばれない。(通常提出後、10〜15分ほどで名前が呼ばれ、振込額が印字された失業保険受給者資格証を返却される。)

私よりあとに来た人がどんどん帰っていく。

「ちょっと珍しい(?)事情だから、こんなに待たされいるんだろう。大丈夫大丈夫、私は無職なので時間だけは余裕がありますよ。」

と、おとなしく待ち続けていると、20分ほどたってやっと名前を呼ばれました。

そして唐突に言われた一言がコレ。

『一旦預からせてもらいます』

ワイ「えっ?……???えっ?え?」(;・∀・)

混乱しているうちに、後日郵送用の封筒に自宅の宛名を書くように促され、書き終わると『ハイ、今日はコレで終わりです。』と終了しました。

一体何が悪いのか何に手こずっているのかの説明もなく…。

え!?何!??!?何か悪いことでもしましたか!?!?!状態。

それから1週間経過して、何の音沙汰もなく。

とりあえず銀行口座を確認すると、前回と同じ金額がしっかり振り込まれていました。

が、肝心の失業保険受給資格証が郵送されてこない。

意を決してハローワークに電話すると『本日発送します』と。

絶対忘れてただろおおおおおおおおおおーーーーーーーーー!!!!不安にさせよってーーーーーーーー!!!!

しかも、何がどう問題を起こしたのかの説明は一切ありませんでした( ;∀;)。

ちなみに、同じくアフィリエイト(ブログ)で収入を得ながら失業保険を受給していたコチラのブログ【副業でアフィリエイト収入がある人は失業保険を貰えるの?4回目の認定日で、一旦返金することになりました…】によると、

A月の入金とB月の入金、どちらも発生したのが失業保険受給期間中の同じ月だった場合、その合計金額に調整が必要なことがあるようです。

副業でアフィリエイト収入がある人は失業保険を貰えるの?4回目の認定日で、一旦返金することになりました…では、一旦返金することになったと記載されているのですが、私返金できるお金ないよ…(;・∀・)

失業保険が支給されるのは、残すところあと1回。

無事に減額調整されることなく乗り切りたいけど、これいかに…!

まとめ:ブログで稼ぎなら失業保険はもらえるが、色々面倒くさい

というわけで、今回は、副業収入を得ながら失業保険を受給している私の現状を詳細にまとめてみました。

ブログで副業収入を得ながら失業保険はもらえる、までは良かったのですが、毎回申告のたびに個別に詳細を聞かれるのでちょっと面倒くさいです。

あと、ブログのように毎日収入が発生する副業はまだまだメジャーでは無いようで、毎回困惑した顔をされています。

報告はすべて自己申告で、証明証等一切必要が無いので、「毎回説明するの面倒だし、もう申告しなくても良くね?」って思っちゃうのですが、

申告せずに失業保険を受給した場合、【不正受給】とみなされ、受給した金額の2倍を罰金が科せられることもあるとのことで…。

最後の1回まで、ひたすら粛々と申告するしか無い…!

ちょっと面倒だけどあれば助かるのが失業保険です。

思い切って会社を辞めたけど、副業1本で生活していける収入は無い…。という人は、せっかく払った雇用保険分どんどん活用していきましょう。

おわり

関連記事

【アテなし!スキルなし!貯金なし!】年収200万のアラサーOLが突然退職を決意できたワケ - #最終的には痩せたい

実際にはいくらもらえる?月給17万の契約社員だったアラサーOLが、失業保険を受け取るまでの流れをまとめてみました。 - #最終的には痩せたい

【奨学金の返済がきつい!】失業中のアラサー女子が、経済的困窮から奨学金返済猶予制度を申し込んでみた話。 - #最終的には痩せたい

https://www.no9-labo.com/entry/2018/11/05220256

気づいたら、無職になって1ヶ月が経過していました。【フリーランスを目指して会社を辞めてみたものの】 - #最終的には痩せたい